社会医療法人長門莫記念会 長門記念病院

社会医療法人長門莫記念会 長門記念病院
TEL:0972-24-3000
〈受付時間〉
午前/8:00〜11:30
午後/13:00〜16:30
採用情報

HOME > 長門記念病院 採用情報 > 看護師募集サイト > 先輩たちの声

先輩たちの声

緩和ケア認定看護師 T看護師

 緩和ケアとはどのようなイメージがありますか?
 私は専門学校を卒業し、ある病院の消化器外科病棟に勤務しました。そこでは、がんを患い不安や恐怖を抱え、身体の痛みと戦っている患者様と関わることが多くありました。この苦しさとどのように向き合えば良いのか、次第に緩和ケアを学ぶことに興味を持つようになりました。
 緩和ケア=終末期ケアというイメージもあると思いますが、今は「がんと診断された時から緩和ケアは始まる」と言われています。身体の痛みや心のケアをしながら、抗がん剤や放射線などの先進医療を受けます。残念ながら、治療が奏功しなくなった患者様がいます。このような患者様の「生きる」を支えるために、緩和ケア病棟はあります。
 長門記念病院は、2023年度に緩和ケア病棟を開設する予定です。当院の看護師教育ラダーでは、緩和ケアを学ぶ教育研修もあります。開設される緩和ケア病棟では、患者様と共に「生きる」、そして学びの多い病棟をつくっていきたいと思っています。
 是非一緒に働いてみませんか?

4年目 H看護師

 就職して4年目になります。現在は急性期病棟(内科・泌尿器科・脳神経外科)で勤務しています。日々学ぶことが多いのですが、学生の時に知識をつけておく事が大切だと感じています。
 病棟の特色としては人工呼吸器の管理や泌尿器科の手術などがあります。
 現在でも自己学習、先輩からの助言等を受ける機会もあり知識を付けていく事の必要性を感じています。日々学習の毎日です。研修も充実しており看護以外の専門分野の方が講師となって説明を行ってくれます。専門分野に特化した内容で研修が開催されています。研修や特色を詳しく知りたい際は長門記念病院のホームページがありますのでそちらで確認をして下さい。
 今年は感染症の流行によって例年通りの学習や研修が難しかったと思います。感染症や体調管理に気を付けて最後まであきらめずに2月の国家試験に臨んで下さい。是非、長門記念病院で一緒に働きましょう。

4年目 Y看護師

 私がこの病院を選んだ理由は、自分が生まれ育った佐伯市の地域医療に貢献したいと思った事がきっかけです。その中でより地域に密着した医療体制が整っている当院を選びました。ここは長門記念病院を中心に福祉に関連する複合施設を多く兼ね備えており、急性期から回復期、施設や在宅医療など地域医療の実際を経験できる病院です。
 私が現在勤務している病棟は整形外科と内科混合病棟です。患者様と関わる中で、疾患や治療など多くの事を学ぶことができます。日々の学習は大変ですが、患者様から「ありがとう、お世話になりました」などの声をいただくととてもやりがいを感じます。
 看護部全体としては理念である「やさしさと責任」の言葉のように、患者様やご家族様だけでなく、同じチームで働く他職種・同僚にもやさしく寄り添える、働きやすい職場を目指しています。実際に看護師同士だけでなく他職種間でも声を掛け合い患者様にとってよりよい看護が提供できるようにしています。
 ぜひ長門記念病院で一緒に働きましょう。

2年目 K看護師

 毎日勉強に実習に大変な日々を送っていると思います。
 私も2年前の今頃は臨地実習の真っただ中でとても大変だった記憶があります。
 4月から看護師二年目になり、去年の1年目とまた違う視点でもの事をみて、看護を実施できるように少しずつなってきているのかなと感じています。
 看護師1年目は学ぶことが多く、目の前の事に一生懸命だったため、視野が狭く自分が思い描いていたような看護ができていなかったと感じます。
 2年目になると1年目に比べて自分自身に余裕が少しでてきて、視野が広がり自分の理想の看護に少しずつ近付けてきているかな、と思っています。
 学生生活は実習に国家試験と大変な事ばかりだと思いますが、素敵な看護師目指して頑張ってください!応援しています。

7年目 T看護師

 私は主に手術室業務を行っています。当院では整形外科を中心とした泌尿器科、外科などの手術を行っています。
 手術室というと閉塞した空間に閉じこもっているイメージがあると思います。当院の手術室では、手術室だけの業務ではなく外来業務や病棟業務を兼任しています。
 外来業務に携わるなかで患者様の情報や病態整生理を把握でき、把握した情報は手術時に役立っています。病棟業務では手術前後の患者様に声を掛け、コミュニケーションを取ることで手術時の不安や術後の状況について知ることができます。業務内容で困ったときには気軽に相談を聞いてくれる先輩方もおり、私は毎日を充実して過ごしています。
 多くのことが学べ、より良いスタッフに囲まれた環境の中で一緒に働ける日を楽しみに待っています。

2年目 M看護師

 私は3A病棟に勤務して2年目になります。3A病棟は呼吸器を中心とした内科・泌尿器科・外科の疾患をもつ患者様が入院してくる急性期病棟になっています。高次機能病院のように各々の病棟に特有の専門科はありませんが、3A病棟では看る患者様の疾患が数多く、幅広い知識が必要となります。
 昨年1年間は新人教育プログラムのもと病院組織の役割や基礎看護技術・急変時の看護技術の習得に取り組みました。長門記念病院は介護老人保健施設や福祉施設、グループホームなどの関連施設を所有していることもあり、研修では施設見学にいくことで病院から在宅・施設へ帰るまでの連携やどのような活動レベルの方が利用しているかについても学ぶことができ病棟勤務や地域連携に活かすことができます。
 新人教育ではプリセプタ―制度が導入されており業務の中での悩みや不安を相談できる先輩が身近にいることで、とても心強く1日1日学びのある一年間でした。3A病棟自体、普段はとても忙しい病棟ですが患者様への思いやりを大切にしており、チームワークの良い先輩方と一緒に働くことができて社会人としても勉強になることばかりです。
 現在は新型コロナウイルス感染症の影響で行えていませんが、夏祭りや職員旅行等もあり病院業務以外での楽しみがあることも魅力の一つだと思います。気になる方はぜひ見学に来てみてください。是非一緒に働きましょう。

7年目 M看護師

 看護師となり7年が経過しました。一度は社会人を経験しましたが、看護師への夢を諦めきれずに25歳から学生となり看護師を目指しました。
 現在、私が所属している病棟は急性期病棟で主に呼吸器内科、一般内科、消化器外科、泌尿器科の45床の病棟に所属しています。
 当院では新人教育にプリセプター制度が導入されており、私も就職してからプリセプターをはじめ、他のスタッフにサポートしていただきながら知識や技術の向上に努めました。毎日、検査や処置などが多く忙しく感じることもありますが、その分学こともたくさんあり、達成感や充実感を得ることができます。スタッフ同士も仲が良く、雰囲気の良い職場であると実感します。
 また、業務以外でもリフレッシュ休暇やバースデイ休暇などが設けられており仕事とプライベートを充実して過ごすことができています。今はコロナの影響で行えていませんが、職員旅行や夏祭りなどがあり、他職種や地域の方との交流もできて楽しいです。
 ぜひ長門記念病院で一緒に働きましょう。

2年目 I看護師

 私は今年看護師となって2年目です。看護師を目指したきっかけは、祖父を自宅で看取り、病になっても最後までその人らしく過ごせるよう患者・家族を支援する看護師の姿に憧れたからです。
 長門記念病院の看護部は「やさしさと責任」という理念のもと、地域の医療・介護・福祉に携わっており、在宅復帰のための連携がとても円滑です。初めての実習を行った2A病棟で「在宅復帰を見据えた看護を提供する」と教わり、この病院ならば自分の考える看護が実践できると思い入職しました。
 まだまだ看護師としては未熟で患者様の望む看護を提供できているかわかりませんが、入院や手術といった非日常の環境で少しでも患者様が安心して過ごせるよう、在宅復帰を考えた看護実践を心がけています。
 当院は教育プログラムが明確であり、個々にあわせた基礎教育が組み込まれています。先輩方は皆さん優しく、わからない事をいつでも聞くことが出来る職場です。
 ぜひ長門記念病院で一緒に働きましょう。

10年目 M看護師

 私は准看護学生時代に長門記念病院で実習を行い、専門学校卒業後に就職して10年が経ちます。
 今は2児の母となり、育児と両立しながら病棟ではプリセプターをしています。当院は新人教育にも力を入れており、院内研修も充実しています。また、神経難病の患者様や脳疾患の患者様、ターミナルケアを必要とする患者様の看護など経験できることも多く、様々な看護を学ぶことができます。
 笑顔で退院していく患者様をみるととても嬉しく感じます。『看護師になってよかった』と思える経験ができると思います。患者様の立場にたち、患者様に寄り添った看護が提供できるよう一緒に長門記念病院で働いてみませんか。
 一緒に働けるのを楽しみに待っています。

1年目 N看護師

 別府大学付属看護専門学校を卒業してから約4ヶ月、長門記念病院に就任して色々なことを学んでいます。まず、長門記念病院では、プリセプター制度により新人教育が行われているため、フォローなく1人でケアすることはないので安心してください。
 働き始めたときは、不安な気持ちがたくさんあり、何をどうすれば良いのか分かりませんでした。しかし色々な先輩看護師よりたくさん指導を頂き、時には気遣いの言葉をいただく事もあります。先輩看護師の方々は、自分たちのような新人を一生懸命育てようとしてくれています。
 現在、自分は2A病棟という整形外科と内科の混合病棟で働いています。様々な疾患の患者様が入院されており混乱することもたくさんありますが、2A病棟の先輩看護師方は皆さん良い人たちばかりで、とても過ごしやすい環境で働くことが出来ています。
 私は長門記念病院をお勧めします。