社会医療法人長門莫記念会 長門記念病院

社会医療法人長門莫記念会 長門記念病院
TEL:0972-24-3000
〈受付時間〉
午前/8:00〜11:30
午後/13:00〜16:30
採用情報

HOME > 長門記念病院 採用情報 > 看護師募集サイト > 認定看護師

認定看護師

認定看護師とは

認定看護師とは、特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて水準の高い看護を実践すると同時に、看護現場における看護ケアの広がりと質の向上を図ることを目的に1997年に始まった「認定看護師制度」における資格です。
通常の看護師資格に加えて、さらに日本看護協会の定める教育機関で約半年間(600時間)を超える研修を受け、最終的な認定看護師認定審査に合格すると得られる資格です。

認定看護師の仕事内容は

認定看護師の役割は大きく分けて3つあります

  • 患者さんやご家族に対し、習得した熟練技術を使って水準の高い看護を行うこと。(実践)
  • 看護師やスタッフに向けて、習得した高度な知識による看護の指導を行うこと。(指導)
  • 看護スタッフや看護ケアにかかわる皆さんの相談を受け、的確なコンサルテーションを行うこと(相談)

私たちは、通常の病院看護スタッフとして勤務するかたわら、自分の専門分野に関わる患者さんへのケアはもちろん、スタッフのサポートにも力を入れています。

定看護師の分野は

特定の認定看護師には次の19分野があります。

1 救急看護 2 皮膚・排泄ケア
3 集中ケア 4 緩和ケア
5 がん化学療法看護 6 がん性疼痛看護
7 訪問看護 8 感染管理
9 糖尿病管理 10 不妊症看護
11 新生児集中ケア 12 透析看護
13 手術看護 14 乳がん看護
15 接触・嚥下障害看護 16 小児救急看護
17 認知症看護 18 脳卒中リハビリテーション看護
19 がん放射線治療看護    

それぞれの専門知識を約半年かけて研修するため、医師との連携でより高度な対応が出来るようになります。

当院の認定看護師

皮膚・排泄ケア認定看護師 司農ゆかり

皮膚・排泄ケア認定看護師は、創傷・ストーマ(人工肛門)・失禁の3つの領域で専門的なケアを行う看護師です。創傷ケアの基本であるスキンケアや排泄への援助を専門的な知識と技術をもってスタッフ指導を始め、患者様やご家族に対してケアを行うことを目標としています。
看護師3年目の時ストーマを造設された患者様を担当した際、排泄物の漏れによる皮膚トラブルを起こし、知識不足から患者様につらい思いをさせてしまいました。その悔しさがきっかけで創傷ケアにも興味を持ち、看護部長の勧めもあって長い月日を重ね今年度資格を取得しました。資格を取得したことで、褥創ケアであれば患者様の全身を観察し適切なマットの選択、栄養管理、医師と相談しながら創傷治癒過程に沿った薬剤の選択や処置の方法など専門的な知識や技術を持ってケアが出来てきたのではないかと感じています。
仕事では、創傷ケア・排泄ケアを主に活動を行い、スキンケア指導や褥創予防に努めています。またストーマケアの必要な方が入院・外来受診した際はケアを行っています。入院及び外来患者様だけでなく、当院の関連施設へもケアのサポートを行っています。

緩和ケア認定看護師 坪根麻理子

緩和ケアは、疾患に直面する患者さんやご家族に対し、その痛みや精神的な不安などを軽減し、穏やかに過ごせるよう支援する医療です。私はかつて非常に苦しまれていた患者さんと接した際に緩和ケアの未熟さを痛感。一時は専門の緩和ケア病棟にも勤務しましたが、現実には一般病院で亡くなる方も多く、通常の看護にも緩和ケアの重要性を実感し、資格の取得をしました。研修は、痛みを抑える薬のことからコミュニケーション技術まで幅広く勉強せねばならず大変でしたが、その知識を今、病院や地域の中で伝えていきたいと願っています。
仕事では、ご本人やご家族だけでなく、実際にどう接して良いか悩むスタッフへのアドバイスなど、とにかく「一緒に考えながら」きめ細やかなケアをめざしています。

認知症看護認定看護師 宮脇 洋

認知症看護とは、認知症の経過と予後を理解したうえで、生命・生活の質、ケアの質やその病態に与える影響の深刻さを洞察し、認知症の発症から終末期に至る長期間のさまざまな看護上の問題に対して、その家族を含めた統合的な援助を企画し、実践できることにあります。
看護師として働くなかで、以前の私は、認知症の人の徘徊や点滴の自己抜去といった周辺症状に遭遇した際にその人の表面しかみておらず、その人の背景にある問題や思いを汲み取ったかかわりが持てなかったことに反省しました。そして、少しでも認知症者の思いを知ることができるようにと資格修得に踏み切りました。資格修得後に感じたことは、認知症の人は忘れていくこと以上に笑ったり怒ったりと感受性が豊かだということです。私たちは認知症の人の周辺症状に注目してしまいがちですが、大切なのは周辺症状の背景にある認知症の人の思いであり、その思いを理解することが認知症の人の安心感に繋がると思います。
そして、認知症の人は、入院による環境の変化や治療に順応することが難しく、医療・ケアの継続が困難になりやすい現状があります。私は、認知症の人が入院しても安心して必要な医療・ケアを受けることができるように病院スタッフと協働し、個別性のある認知症ケアの提供を目指しています。

感染管理認定看護師 村西正美

感染管理とは、「医療を提供する場にいる患者・家族・訪問者や医療従事者などの全ての人を医療感染から守るための組織的な活動」です。感染管理認定看護師の役割は、施設の中心となって他職種と協働しながら、医療関連感染(院内感染)の予防と管理を推進することです。
私は看護師として、中央材料室や手術室で勤務した際、洗浄・消毒・滅菌について学びました。患者様に関わることは少なくても、洗浄・消毒・滅菌の手順や方法を整備することで、患者様に安心・安全な医療が提供できることを実感し、感染管理について興味を持つようになりました。医療関連感染(院内感染)の予防には現場で対策を行うだけではなく、感染を「発生させないためには?」「発生した場合にどう対処するか?」等、病院全体で取り組んでいくことが必要です。今後さらに当院での感染対策活動を活発にすることで、患者様・御家族・職員に対しても安心・安全な医療現場が提供できると考えています。
近年、感染は病院内だけでなく、施設や在宅、地域等、市中にまで拡大しています。インフルエンザ・ノロウイルス・食中毒等、地域で発生する感染に対しても、「感染予防・感染対策」の相談も行っていきたいと考えています。外来で勤務しておりますので、いつでも声をかけて下さい。

当院の看護師が保有するその他の主な資格

  • 日本糖尿病療養指導士
  • 大分県糖尿病療養指導士
  • 日本消化器内視鏡学会第1種消化器内視鏡技師
  • 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡技師

主な外部研修

  • 看護管理者研修(ファーストレベル)
  • 実習指導者講習会
  • 医療安全管理者養成研修
  • 感染管理研修
  • 訪問看護専門的研修
  • 中堅看護職員実務研修会