社会医療法人長門莫記念会 長門記念病院

社会医療法人長門莫記念会 長門記念病院
TEL:0972-24-3000
〈受付時間〉
午前/8:00〜11:30
午後/13:00〜16:30
採用情報

HOME > 長門記念病院 採用情報 > 看護師募集サイト > 看護部委員会

看護部委員会

看護リスクマネジメント部会(RM)

リスクマネジメント部会の方針の下、看護RM部会では以下の事を行っています

実習指導者会

看護学生・准看護学生の実習を、それぞれの委員会が担当しております。学校の指導方針に基づき、看護教育実習にふさわしい環境を提供できるよう努めています。又、定例会及び学習会・院内院外研修を通じて、指導者としての質向上を目指し研鑽しております。「信頼される看護師になりたい」という目標が描け、患者様に向き合えるよう、学生を支えていきたいと思っています。

緩和ケア

死を身近なものとして受け入れられるよう、意見交換をしたり、望ましいターミナル期の支援方法等、事例をもとに評価・反省し、より望ましい終末期の看護において模索しております。又、院内勉強会・ホスピス等の講演会にも積極的に参加しております。

看護研究委員会

看護研究委員会では、

  • 自分の看護場面を評価し、看護実践の中から看護研究に取り組むことができるように支援します。
  • 看護研究の質向上をはかり、公的な場所(院内、院外、各種学会)で研究発表ができるよう支援します。
  • 看護研究集録を作成し、看護研究実績を記録に残します。

クリニカルパス委員会

チーム医療・患者様参加型の医療を目指しパスを作成し活用しています。医療の質保証と効率性を目指し、今後更に対象事例拡大に取り組んでおります。看護職員が医療・保健・福祉について学習し、当グループを利用される方々に対し、適切なサービス・指導・支援ができる事を目的に活動しております。

  • パスの見直し・検討
  • 病院システムとしてのパスの導入

WOC委員会

看護・介護スタッフの創傷、オストミー、失禁ケアに関する知識の普及と技術向上を目標とし、患者様の個別性に応じた適切な質の高いケアが提供できる事を目的に活動しています。
2010年から、皮膚・排泄ケア認定看護師を中心に、院内褥瘡発生ゼロを目指して、院内教育と統一したケアの実践に取り組んでいます。

感染委員会

院内感染委員会の方針の下、感染防止対策が実行されているか評価し徹底指導を行うとともに、定期的に講演会を実施し啓蒙活動をしていきたいと考えております。今年度は主に感染マニュアルの改訂(感染経路別予防対策)に取り組みます。

記録委員会

惰報開示に向かい、看護の成果が見える記録を目指しています。川上干栄子先生をお迎えし、FCの基礎を振り返る事が出来たことは大きな学びとなリました。今年度は現在作成中の看護記録マニュアルの完成、更に電子カルテ導入に伴い、看護用語の標準化に取り組んでいきたいと者えています。

業務委員会

日々の看護の実践を通して業務の見直し・改善を行い、業務の標準化に向け各種マニュアルの作成を行います。
部署毎の慣行や約束事を明文化します。

看護部教育委員会

看護部の理念と方針に基づき、より質の高いケアを提供できる職員の育成を目指し教育活動を行っています。

  • 新卒者はプリセプター制導入。又今年度より技術研修を重点的に実施しております。
  • 卒年度別・テーマ別・対象者別等年間計画に基づき実施しております。
  • 院内・院外研修に積極的に参加。研修報告書を提出すると共に、出張報告会の場で、伝達講習を義務づけております。これは本人の伝達能カ育成と、知識共有の機会にもなっております。