社会医療法人長門莫記念会 長門記念病院

社会医療法人長門莫記念会 長門記念病院
TEL:0972-24-3000
〈受付時間〉
午前/8:00〜11:30
午後/13:00〜16:30
採用情報

HOME > 長門記念病院 採用情報 > 看護師募集サイト > 看護部理念・方針

看護部理念・方針

看護部理念 ~やさしさと責任~

  • 患者様の尊厳と権利を尊重し、質の高い看護を実践します。
  • 地域・福祉との連携を密にし、継続看護を提供します。
  • チーム医療の充実を図り、患者サービスの向上に努めます。
  • 看護職、個々のキャリア開発を推進します。
  • 病院経営に主体的に参画します。

平成30年度 看護部目標

「私たちは看護専門職としての誇りを持ち、適切な看護ケアを提供します」

【医療安全の強化】
 ・ヒヤリ・びっくり報告を積極的に行い、危険予知能力を高める
 ・インシデントを報告し、情報共有する事で事故報告10%減
【倫理綱領遵守】
 ・第1条 尊厳尊重 人としての思いやりを持つ
 ・第5条 守秘義務を遵守し、個人情報の保護に努める
 ・第7条 実施した看護について個人として責任を持つ
【経営参画】
 在院日数18日以内 病床稼働率98%以上 重症度、医療・看護必要度 30%以上 コスト意識を持つ

看護部の方針

やさしさと責任の理念のもと、倫理観をもった自律した専門職として、次の方針に基づいた看護を実践していきます。

事故防止・感染防止対策を徹底し、安全を保障します

当院では、事故防止と快適な療養環境の視点から、院内RM(リスクマネージメント)委員会が中心となり、ヒヤリ・びっくり報告・インシデント報告の情報の共有を行い、再発防止に努めています。また感染対策に関しては、感染看護認定看護師を中心に毎週リンクナースがラウンドを行い、感染予防に努めています。

患者様の満足向上をめざし、ケアの質を高めます

患者様の個別性に応えうることを目的に、受持体制を充実します。患者様・ご家族様の満足度と私達は常に並行するものとし、患者様と直接関われる時間をより多く確保するために、業務改善を図ります。

専門職業人として自己研鑽を続けます

新卒者の教育をはじめ、現任教育に力を入れています。院外研修にも多くの人が参加し、年2回の看護部出張報告会を開催しています。また、毎年各部署で看護研究に取り組みその成果は看護協会主催の全国学会にて発表しています。組織と個人目標の統合・自己啓発の目的で、自己目標管理を導入し、各自が目標を持って業務に取り組んでいます。認定看護師や専門分野での資格取得を目指す人も増えておりその活躍も期待しています。

連携を強化します

当院は、複合施設の特徴上、高齢の方が多く入院されます。治療終了後もご自宅での生活に不安のある方に対して、医療・福祉連携室が中心となり支援を行っています。患者様・ご家族様のご要望にお応えするためにも当施設間はもちろん、地域関連機関との連携を大事にしていきたいと思っています。当看護部は、地域の皆さまが安心して受診・入院・退院後の生活が送れるように支援していきたいと思っています。

長門記念病院 教育理念

  • 専門的知識・技術をもって対象の必要に応じた、根拠に基づいたケアが提供できるような看護師を育てます
  • 自己のキャリア開発に積極的に取り組み、自己の目標を達成することができる看護師を育てます
  • 人間性・社会性に富み、医療人・組織人としての責務を果たすことができる看護師を育てます

看護部院内研修

【共通目標】
  • 長門記念病院の職員として、組織及び看護チームの一員として自覚と役割・行動がとれる
  • 職場の中で円滑な人間関係を保つことができ、専門職として臨床実践能力を付け、質の高い看護が提供できる



看護部 教育プログラム