社会医療法人長門莫記念会 長門記念病院

社会医療法人長門莫記念会 長門記念病院
TEL:0972-24-3000
〈受付時間〉
午前/8:00〜11:30
午後/13:00〜16:30
採用情報

HOME > 長門記念病院 採用情報 > 看護師募集サイト > 看護部理念・方針

看護部理念・方針

看護部理念 ~やさしさと責任~

  • 事故報告書の分析を生かし、共有することにより安全で信頼できる医療の提供に努める
  • 看護記録の監査を行い情報開示に対応できるよう務める
  • 保健・医療・福祉チーム医療を推進し看護の継続に務める
  • 専門性を追求した人材育成に務める
  • 経済性を考えた効率のよい看護の実践に務める

看護部の方針

事故防止・感染防止対策を徹底し、安全を保障する

当院では、事故防止と快適な療養環境の視点から、各部署の責任者が交代で毎週一回院内パトロール(通称:ピカピカ隊)を行っています。又ヒヤリ・ハット事例を職員で共有し、事故防止に役立てておりますが、患者様にもご協力いただき、徹底した安全対策を構築致します。

電子カルテシステムが導入でき、業務に活用出来る

システムを活用する事で業務を合理化し、より安全で質の高い医療・看護が提供出来ると思います。パソコンに使われるのではなく、使いこなそうと、職員一同、一念発起しております。

患者様の満足向上をめざし、ケアの質を高める

患者様の個別性に応えうることを目的に、受持体制を充実します。患者様・ご家族の満足度と私達の満足度は常に並行するものであり、どちらかの犠牲で成り立つものではないと思います。患者様と直接関われる時間をより多く確保するために、機能評価項目を柱に業務を改善します。

行った看護ケアの内容と根拠が、解ってもらえる記録にする

亜急性期病床、回復期リハビリテーション病棟、療養病棟ではフローシートをご家族に開示しております。電子カルテ導入に伴い、看護用語を標準化し、患者様・ご家族にも解りやすい記録に取り組みます。

専門職業人として研鑽する

新卒者の教育はじめ、現任教育に力を入れております。院外研修にも多くの人が参加し、伝達報告会も活発です。又資格取得を目指す人も年々増えております。組織と個人目標の統合・自己啓発の目的で、自己目標管理を昨年から実施しております。

連携を強化する

当院は複合施設の特徴上、高齢の方が多く入院されます。治療終了後もご自宅での生活に不安がある人等に対し、医療・福祉連携室が中心となり支援を行っております。患者様・ご家族のご要望にお応えするためにも当施設間は勿論、地域の関連機関との連携を大事にしていきたいと思っております。
当看護部は当院を利用して下さるすべての方々の支持の下、質の高い看護が提供出来るよう日々努力致します。当看護部へのご意見等お待ちしております。